シンガポールドル研究所(FXブログ-ランケン)
シンガポールドルをFXで取引するためのFXブログです。 
 
おススメの記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 シンガポールドルってどういう風に使うといい?→ シンガポールドルの使い方
 シンガポールドルのチャートは?→ シンガポールドルのチャート
 シンガポールドルの金利はどれぐらいで推移してる?→ 金利推移
 シンガポールの為替政策は?→ 為替政策、 MAS
 シンガポールってどんな国?→  GDP地理地図人口など基礎データ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに挑戦しています。"シンガポールドル研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
為替ブログも面白いですよ
シンガポールドルの使い方

シンガポールドルの使い方

シンガポールドルの使い方を考えてみました。シンガポールは新興国ですが、南アフリカランドなどとはある意味で対極に位置する通貨です。シンガポールドルの取引において重要な特徴としては

1.バスケット制を取っていて為替レートのコントロールが政府によって行われている
2.インフレがうまく抑えられているため金利が安い(3%以下が多い)

の2点です。新興国通貨らしくないですよね。新興国通貨って一般的には値動きが激しく金利が高いものですがシンガポールドルは反対です。

さて、1番目が意味するところはボラタリティー(為替変動)が比較的少なくなるという点です。要するに価格が安定しています。この2点を考えるとシンガポールドルっていうのは売り側に持ってきたほうがひょっとしていいのではないかという仮説が立ちます。

で、高金利通貨の代表NZDを使って調べてみました(南アフリカランドはZAR/SGDのペアを取り扱っている業者がありませんでした)。下のグラフがそれです。ニュージーランド円(NZD/JPY)とニュージーランドシンガポールドル(NZD/SGD)の値動きを比較したものです。

NZDSGD-NZDJPY
NZD/SGDとNZD/JPYのグラフ

両者とも似たような動きをしていますが、NZD/SGD(濃い青線)の方がNZD/JPY(ピンクの線)より値動き安定していますよね。NZD/JPYは完全に変動相場制で、NZD/SGDは半分(シンガポール側)が政府によって管理されているわけですから当然と言えば当然です。過去5年間を見る限り、NZD/JPYは60%変動(正確には62%)しており、NZD/SGDは40%の変動(正確には39.5%)ですんでいます。

と言う事は、NZD/JPYと同じ程度のリスクにするにはNZD/SGDの1.5倍(60%÷40%)のポジションを持てるという事ですね。同じリスクにした時に金利が高い方が我々としてはありがたい訳です。もうお察しがつかれたかと思いますが、NZD/SGDの方がちょっと有利です。実際に計算して見ましょう。

NZD/JPYのスワップは11/15現在180円です。
NZD/SGDのスワップは1.7SGD(Dragon FX)ですから、1.7SGD X 76円 = 129.2円
これに先ほどのリスク1.5倍をかけてあげると
129.2円 X 1.5 = 193.8円

となりますので、同じリスクに対して14円ぐらい受け取るスワップが多くなっています。
同じNZDを買うんだったら値動きはより小さく、金利は大きいほうがいいですよね。

ZAR/SGD(南アフリカランド/シンガポールドル)があれば最高な感じしますが、調べた感じないです(FX業者さん作ってください!)。
今後、日本の金利が上がって来る事を考慮して(まーだしばらく上がらない気はしますがこれ以上下がりもしないでしょう)、NZD/JPYのスワップが小さくなるとしたらNZD/SGDは更に検討に値するでしょう。もちろん、オーストラリアドルを買う際にシンガポールドルを売るというのも検討にも値しますよね。

結論としては、高金利通貨を買う際においてシンガポールドルを売り側にもってくると有利な運用が期待できる。もちろん、保証はありませんが制度としてバスケット制を取っている国の通貨を売り側にもってきた方が安定度が高いというのはある意味あたりまえかもしれませんね。

もう1ついいのはこのペアですと円高のヘッジになりますね。現在、日本円の低金利を利用して円売りのスワップ派の方が多いかと思いますが、この場合円高にどうしても弱いポートフォリオになりますのでNZD/SGDだと円高に影響されないというメリットがあります。

アジアの発展を見越して買うほうに目が行きがちですが、売り側の方が役立ちそうな気がしてきました。
通貨暴落の心配は少ない通貨だと思っていますので下手な新興国を買うよりはシンガポールドルを買う意義はあるとは思います。買うにしても売るにしても安定した通貨と言う特徴を活かしたいですね。

1つ残念なのはNZD/SGDを取引できる会社が圧倒的に少ない事で、現在有名どころでは以下の会社ぐらいでしょうか。(最近、FX業者怪しいところ多いですよね…)

ヒロセ通商のHirose Trader
AFT
JNS

どの会社もUSD/ZARなんかも見れますので1つぐらい分析用の口座持っててもいいかななんて思いますがいかがでしょうか?
スポンサーサイト
人気ブログランキングに挑戦しています。"シンガポールドル研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
為替ブログも面白いですよ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
かなり参考になりました
大変に分かり易い解説でした。
ボラティリティの変わりにp-pの値幅の割合を利用してリスク当たりのリターンを出すというやり方は直感的でわかりやすいですよね。
これなら,分析の手間も省けてしかもそれほど誤差も出ませんから良い方法だと思います。
いつも素晴らしい分析ありがとうございます。お手本にすぐできる実践的なやり方でした。
応援投票しておきました。
では。
2007/11/24 (土) 20:26:37 | URL | nekki5149 #D6tukr2g[ 編集]
おもしろいでしょ
Nekki5149さん

こんばんは。
SGDも使いようでうまい金利取れそうですね。
あんまり、金利おいしくないかなと思っていたのですがうまく使えばおいしい事が分かります。
こんな結果が出るとは思いませんでした。
これ、しかも円高のヘッジにもなるんですよね。
通貨って面白いですね。

2007/11/25 (日) 01:20:57 | URL | ランケン #-[ 編集]
貴重な情報をありがとうございます。
ただ、SGDを売り通貨に利用するなら、通貨バスケットに組み込まれているUSDやEURの方がボラの低下という意味ではいい気がするのですがいかがでしょうか?
2007/12/21 (金) 13:36:56 | URL | アプマス #-[ 編集]
はじめまして!
アブマスさん

こんにちは。
はじめまして。

おっしゃっているのはSGDを売りにしてUSD,EURを買いにするっていうイメージですよね?NZDなんか使わなくってもって感じでしょうか。

そうですね。別にNZD買いにしなくてもいいとは思います。単純にNZDが高金利通貨だったというだけの理由ですから。ランドとかだともっといい気はしますし、EUR,USDを買いに持ってきてもいいと思いますよ。あんまり、USDとかEURはスワップおいしくないんですが・・・
2007/12/22 (土) 11:37:14 | URL | ランケン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 シンガポールドル研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。