シンガポールドル研究所(FXブログ-ランケン)
シンガポールドルをFXで取引するためのFXブログです。 
 
おススメの記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 シンガポールドルってどういう風に使うといい?→ シンガポールドルの使い方
 シンガポールドルのチャートは?→ シンガポールドルのチャート
 シンガポールドルの金利はどれぐらいで推移してる?→ 金利推移
 シンガポールの為替政策は?→ 為替政策、 MAS
 シンガポールってどんな国?→  GDP地理地図人口など基礎データ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに挑戦しています。"シンガポールドル研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
為替ブログも面白いですよ
シンガポール金利推移

シンガポール金利推移

シンガポールの金利推移のグラフです。非常に低い金利で推移していますね。最近ちょっと高めとは言え、3%を超えることは少ないのがよく分かります。

シンガポール金利推移


FXのスワップが良くないわけです。
シンガポールは基本的に為替レートを管理していますので大きく動く通貨ではありません。ただ、アジアの成長と共にシンガポールドル高には動く圧力が大きい通貨です。

一方で、金利もあまり大きいとは言いがたいですので、アジアのスイスフランといった位置づけかもしれませんね。そういう意味では、シンガポールドルを売り側にもっていって高金利通貨(NZなど)を買い側に持ってくるなんてのがいいかもしれませんね。

ちょっと調べてみたら面白い結果がまた出ましたので、また別記事で紹介します。
FC2 Management
人気ブログランキングに挑戦しています。"シンガポールドル研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
為替ブログも面白いですよ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
HKDやSGDはなかなかに使えそうですね
「アジアのスイスフラン」とは中々に面白い表現ですね。
ドルペッグされたHKDはアジアの米ドルですね。

金利は,通貨があまっていれば安くなる傾向がありますよね。
シンガポールのように中継貿易国として立場が確立された国は常にある程度通貨需要があるわけですから,金利が今後高くなってもおかしくは無いのでは?
と思いました。
例えば,アジア各国がFTAを推進し,SGDをポートフォリオの一部に組み込む比率を高めればそれだけで資金需要として相当なものになるはず・・・。
もっとも,そうなればSGDが大幅高になって,FX取引をしている人はそちらに目がいってしまうかもしれませんね。

応援投票しておきました。
では。

2007/11/24 (土) 04:06:49 | URL | nekki5149 #D6tukr2g[ 編集]
こんばんは
Nekki5149さん

こんばんは。
金利はお金の需給で決まる側面もあるかもしれませんがむしろ物価で決まると見るのが普通ですね。
ただ、シンガポールの場合、為替政策としては金利を使わずに、為替レートで調整しています。
MASとしては金利高はシンガポールドル高になってしまうので、基本的には低金利政策を取っているようです。
これは国際競争力維持のためですから、シンガポール政府としても最重要事項の1つなようで、為替レートを安定させることにより、輸入品価格安定を維持し(国土が狭いので自給自足できない)、これが物価を抑え、金利を低く誘導するっていうのが彼らの使命となっています。
SGDの需要が増えても物価安定が脅かされるようでしたらそもそも出さないんでしょう。
お金がSGDでないといけない理由はありませんしね。USDで決済してやればいいだけの話ですから。

応援ありがとうございます
2007/11/24 (土) 19:09:11 | URL | ランケン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/15 (土) 20:59:04 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 シンガポールドル研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。