シンガポールドル研究所(FXブログ-ランケン)
シンガポールドルをFXで取引するためのFXブログです。 
 
おススメの記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 シンガポールドルってどういう風に使うといい?→ シンガポールドルの使い方
 シンガポールドルのチャートは?→ シンガポールドルのチャート
 シンガポールドルの金利はどれぐらいで推移してる?→ 金利推移
 シンガポールの為替政策は?→ 為替政策、 MAS
 シンガポールってどんな国?→  GDP地理地図人口など基礎データ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに挑戦しています。"シンガポールドル研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
為替ブログも面白いですよ
シンガポールGDP

シンガポールGDP

シンガポールのGDPは順調に拡大しています。2006年は2097億シンガポールドルで世界41位です。USドル換算だと約1300億USドルになりますが、日本の4兆USドルに比較すると3%程度です。

一方で一人当たりGDPにすると日本が3万3000USドル、シンガポールは2万3700ドルとなっていますから日本のおよそ7割に迫っています。人口の差がGDPの差になっていますね。

シンガポールGDP推移


さて、GDPの成長率の推移を見てみましょう。1998年と2001年がマイナスですね。

シンガポールGDP成長率推移

1998年はアジア通貨危機の年です。他のアジア諸国に比べるとシンガポールは軽症だったのですが、やはりGDPがマイナスになっているところに出ていますね。この年、1USドルは147円をつけています。

次に2001年、こちらはITバブルが世界的にはじけた年でやはりマイナスです。こちらの方が下げ率は大きいですね。2%を超えています。この年も1USドルは135円をつけています。

その他の年はかなり高い成長率を維持できています。5%を超える成長率が多い感じしますね。先進国の成長率はおよそ2%から3%ですからそれを思うと5%というのはかなり高い成長率です。

ただ、先ほども見たようにマイナスになる年もあり、これは世界経済などの外部的要因に大きく影響されていると言えるでしょう。現在、世界経済はかつてない好景気と言えます。その意味ではシンガポールに追い風ではあります。

アジアの発展に伴いシンガポールの成長も加速していくと考えれば期待できますね。
スポンサーサイト
人気ブログランキングに挑戦しています。"シンガポールドル研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
為替ブログも面白いですよ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
シンガポールの成長鈍化?
SGDもUSDに引っ張られて随分下がりましたね。
GDPの成長低下の影響もあるのでしょうか?
やはり,米国経済の減速はシンガポールにも影響を与えていたことがITバブル期を見ると分かりますね。

応援投票しておきました。
では。
2007/11/23 (金) 16:28:16 | URL | nekki5149 #D6tukr2g[ 編集]
こんばんは
Nekki5149さん

成長鈍化とはまだ思いませんよ。
これからまだ成長するとは思います。
ただ、サブプライムがどうなるかによるかなー

サブプライム問題はITバブル崩壊に近いところまでいくかどうかちょっと気になりますね。
来週あたりどう動くかが気になるところです。

応援ありがとうございまっす!
2007/11/23 (金) 20:38:52 | URL | ランケン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 シンガポールドル研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。